収入証明書不要なら年収で嘘をついても大丈夫?

カードローンの申込みの際には、申込書に名前などの情報の他に年収を記載するところがあります。審査の際には、やはり当然ながら年収が多い方が属性は高くなりますから、審査に通る可能性も高くなります。

 

それならば、年収を少し高めに記載するなど、嘘の記載をしてもバレないのではないでしょうか?

 

 

一定額以上の借入れとなる場合には、申込の際には収入証明書の提出が求められます。
源泉徴収票などの収入証明書があれば、その方の年収がわかりますから、そうなりますと嘘はつけないなということはわかりますよね。

 

ですが、収入証明書の提出が必要のない額の借入れだったとしたらどうなのでしょうか?

 

例えば、消費者金融など貸金業者からの借入れになりますと、総量規制の関係で1社から50万円以上の借入れか、もしくは複数社からの合計が100万円を超えるような借入れの場合には、収入証明書の提出が法的に求められることとなります。

 

しかし、銀行カードローンの場合には総量規制の対象外になりますから、各銀行が定めた借入れ額以上の額でなければ収入証明書の提出は不要です。

 

だいたいのところが100万円以下や200万円以下など設定金額が高いため、ほとんど多くの方が収入証明書を出さずに借入れができます。

 

そうなりますと、自身の正確な年収を裏付ける書類はカードローン側にないわけですから、嘘の記載をしたとしてもバレない気がしますよね?

 

しかし!

 

カードローン側は利用者の過去の膨大なデータによって、会社の規模や年齢、勤続年数などといった情報から、おおよその年収を推測することができるため、あまりに事実と異なる年収を書いてしまうと怪しまれることとなります。

 

収入証明書の提出は必ずしも、借入れ額がそのカードローンで定めた額以上の借入れだったときに求められるだけでなく、このように怪しまれたときに求められることもあるのです。

 

そうなりますと、嘘はすぐにもバレてしまいます。

 

カードローン側は個人の信用をもとにお金を貸してくれるわけで、そうした嘘をつく方はバレればそれだけで審査に落ちてしまいます。

 

また、もし年収を偽って申込をしたとしても、結局それを返済していくのは自分自身です。分不相応な借入れをしてしまえば、その分返済負担が大きくなってしまいます。

 

年収の虚偽記載は自分自身のためにも、やらないほうがいいのです。