収入証明書不要で借入できる中小消費者金融は?

キャッシングで借入を行う上で重要なのは、返済能力がある人かどうか判断することです。しかし、中には収入証明書不要で借入することができる中小消費者金融があります。

 

収入証明書不要でも借入が可能な中小消費者金融はどこで、どんな特徴を持っているのか、詳しく解説していきましょう。また、収入証明書が急遽必要になるケースについても紹介していくので、参考にしてみてください。

 

収入証明書不要で借入できるケース

消費者金融や銀行からお金を借入する際には、収入証明書を提出することで、返済能力の有無が判断されます。しかし、借入する金額などによっては、収入証明書不要でキャッシングできることもあるのです。

 

どんなケースであれば、収入証明書不要で借入できるのか、解説していきます。

 

1社の借入が50万円以内

消費者金融では総量規制の観点から、1社からの借入が50万円以内であれば、収入証明書の提出なしでも借入することができます。

 

複数借入している場合は、1社で30万円、もう1社で30万円の合計60万円を借入しても、原則としては収入証明書不要でも融資してもらうことが可能です。

 

50万円を超える場合に、収入証明書が必要なのは、基本的に1社での借入のケースになります。

 

複数借入で100万円以内

複数の消費者金融から借入を行っている場合は、総量規制の観点から100万円以内であれば収入証明書不要でキャッシングが可能です。

 

複数借入している状態で、100万円以上の借入を消費者金融からしてもらう場合には、収入証明書の提出が必要になります。しかし、100万円以上の借入が可能なのは、キャッシングが総量規制により、前年度年収の1/3までの借入と決められていることから、年収300万円以上は必要です。

 

そのため、パート主婦やアルバイトなどの方で、年収が300万円以上ない場合には、100万円以上は借入できない可能性があります。

 

長期的な借入を行っている

総量規制により、1社の借入が50万円以内、複数借入で100万円以内であれば収入証明書不要で借入を行うことが可能です。

 

しかし、消費者金融の中には、それ以外の場合でも収入証明書の提出が求められることがあります。

 

例えば、大手消費者金融であるアコムであれば、3年以上の借入を行っている場合に、現状の返済能力を確認するために収入証明書の提出を求める可能性があるのです。

 

他にも、長期的な借入を行っている場合には、何年かに一度収入証明書の提出を求める消消費者金融があるので、急な対応にならないためにも自分が借入を行っている消費者金融の形態を事前に確認しておくことが必要になります。

 

収入証明書不要で借入できる中小消費者金融

収入証明書不要で借入ができるのは、大手消費者金融だけでなく、中小消費者金融からでも可能です。どんな中小消費者金融が収入証明書不要でも借入を行うことができるのか、詳しく紹介していきます。

 

アロー

柔軟な対応ができることで人気のアローは、債務整理中でも安定した収入がある方であれば借入を行うことが可能で、困った時に助けとなってくれます。

 

ネットでの申し込みに対応していて、申請してから審査が上手く通れば、最短45分で融資を受けることが可能です。

 

個人信用情報を参考にしていますが、独自の審査を行っていることから、他の消費者金融から断られた方でも、融資をしてもらえる可能性があるのが特徴になります。

 

フクホー

50年以上の歴史を持っている中小消費者金融で、長くやっているからこそ、信頼できるサービスであることがわかります。

 

ネットで審査の申し込みが行えて、問題なく審査が通れば即日融資をしてもらえるのが特徴です。急ぎでお金の用意をしないといけない時に便利な中小消費者金融になります。

 

キャッシングを行うことに不安を抱えている女性でも、安心して相談できるように、女性スタッフが受付を行っている「レディースキャッシング」のサポートも充実しているので、使い勝手のいいのも魅力の一つです。

 

キャレント

ネットで申し込むことができる中小消費者金融で、審査が上手く通れば即日融資もしてもらえるのが特徴です。

 

現在の収入が安定しているのであれば、比較的審査に通りやすいのが魅力です。しかし、最初に融資が可能な額は少ないことが多いので、少額を借りたい方にはおすすめになります。

 

中小消費者金融の特徴

大手消費者金融と違って、比較的審査に通りやすく、柔軟な対応をしてくれるのが魅力の中小消費者金融ですが、具体的にはどんな特徴を持っているのでしょうか。具体的な特徴を解説していくので、借入を検討している方は参考にしてみてください。

 

独自審査を行っているケースが多い

消費者金融は基本的に、個人信用情報機関のデータを元に、融資を行うか審査が行われます。その中で、過去に金融関係のトラブル(遅延や強制解約など)が発生している場合は、融資を断られるのがほとんどです。

 

しかし、中小消費者金融の中には、現在の収入が安定していれば、融資を行うといった柔軟な対応を行っているところも多いのが特徴になります。

 

独自の審査が行われていて、窓口に足を運んだ際に、信用できる人物であると判断した場合には、融資を行う可能性もあるのです。ただ、個人信用情報機関のデータも参考にしているので、直近で金融トラブルが発生していた場合には、柔軟な対応をしている中小消費者金融でも難しいかもしれません。

債務整理中でもキャッシングを行ってくれることもある

大手消費者金融は、債務整理中である場合には、信用できないとして申し込みを行っても審査にほとんど通りません。しかし、中小消費者金融の中には、債務整理中でも安定した収入があり、返済能力があると認識すれば、キャッシングを行ってくれるところもあります。

 

柔軟な対応が魅力となっていて、大手消費者金融とは違う、独自の魅力があるのが中小消費者金融の特徴です。また、債務整理や自己破産をしたことは、個人信用情報機関にデータが5年間残るようになっています。

 

しかし、5年を過ぎれば個人信用情報機関からデータは消えるので、その後消費者金融から新たに借入を行うことは可能です。

 

正規の消費者金融か調べる必要がある

中小消費者金融の中には、違法な借入を行っていたりと信用のできないキャッシングを行っているものがあります。全ての中小消費者金融が違法なことをしている訳ではありませんが、事前に問題ない消費者金融か確認しておく必要があるでしょう。

 

知名度がない中小消費者金融は避けて、名前の通っているところから借入することをおすすめします。

 

収入証明書不要でも急遽提出が求められるケース

一定の条件で、収入証明書不要でも借入を行うことができる消費者金融ですが、状況によっては急遽収入証明書を提出して欲しいと申し出が発生するケースがあります。その場合は、素直に提出する必要があるので、準備を進めていきましょう。

 

申し込み内容に不備があった

消費者金融から借入を行う際には、勤め先への在籍確認や個人信用情報機関のデータ確認が行われます。その際に、事前の申し込み内容に不備があった場合、収入証明書の提出が急遽求められることがあるのです。

 

例えば、勤め先に指定した会社に確認を取ったところ、在籍確認が取れなかったり、申し込みの際の収入を偽っていた場合になります。

 

申請の際に偽っていたことがバレてしまった場合は、審査に落ちてしまい、個人信用情報機関のデータにもブラックリストとして載ってしまう可能性もあるので申し込み内容には不備がないように確認しましょう。

 

信憑性が薄く信用に欠ける場合

消費者金融に借入を申請する際に、個人事業で申し込むことには問題ありません。しかし、仕事内容が不明確で信用に足らないと判断された場合には、希望金額には関係なく収入証明書の提出が求められる可能性があります。

 

提出する必要のある書類の内容としては、どんな仕事を行っているのか詳しく証明できる書類や実際に収入が発生している証拠(見積書や注文書など)を見せないと融資はしてもらえないでしょう。

 

借入後に滞納が生じる

審査が通り、借入が実施された後に、滞納が確認された場合、現在の返済能力を確認するために、収入証明書の提出が求められることがあります。

 

個人信用情報機関からも問題のある人物として認定されてしまう恐れがあるので、滞納や強制解約などは引き起こさないことが大切です。

 

問題のある人物として判断された場合には、他の消費者金融から一括返済を求められることもあるので、注意しましょう。

 

収入証明書不要でも中小消費者金融では借入できる場合もある

原則として収入証明書がなくても中小消費者金融から借入することが可能です。借入できる金額は限定的で条件がありますが、少額であれば問題はないでしょう。

 

しかし、中には収入証明書の提出が求められるケースあるので、個人信用情報機関にデータが残らないように、偽っての申請はしない方が賢明です。正しい情報で、自信の返済能力を超えない借入を行っていきましょう。