プロミスの借入は収入証明書不要?自営者カードローンは提出必須

大手消費者金融として、メディアへの露出も多いプロミスのキャッシングは、収入証明書不要でも借入することができるのでしょうか。

 

ローン商品の多いプロミスですが、一定条件であれば収入証明書不要でも借入できるようです。どんな時に収入証明書が必要なのか、また収入証明書を提出する方法など、詳しい情報を解説していきます。

 

プロミスの借入で収入証明書が必要なケース

貸金業法によって収入証明書を提出する条件は決められています。プロミスではどんな時に収入証明書の提出が必要なのか、詳しい内容を解説していきましょう。

 

1社からの借入が50万円を超える時

貸金業法の総量規制によって、1社からの借入が50万円を超える場合に収入証明書の提出が求められています。

 

そのため、10万円〜50万円までの間であれば、原則として収入証明書の提出が必要ありません。しかし、収入や延滞などを繰り返し行っている場合には、改めて収入証明書の提出が求められることもあるので、状況次第では提出しなければならないケースもあります。

 

複数借入で100万円を超える時

貸金業法の総量規制によって、複数借入で100万円を超える場合、収入証明書の提出が求められます。

 

反対に言えば、1社からの借入が50万円以内で、複数借入を行っていても総借入数が100万円以内であれば、収入証明書の提出が求められることは原則としてありません。

 

ただ、審査状況によっては、急遽収入証明書の提出が求められることもあるので、注意が必要です。

 

プロミスの利用が3年以上

以前に提出した収入証明書の発行日から、3年以上の期間が空いた場合には、返済能力の再確認のために収入証明書の提出が求められます。

 

長期的な利用の中で、収入の変化が生じているかもしれないので、プロミス側が確認のために、提出を求めることがあるそうです。プロミスから収入証明書の提出を求めているのにも関わらず、提出を拒んでいると、利用を制限されることもあるので、出来るだけ速やかに提出することをおすすめします。

 

自営者カードローンは収入証明書の提出が必須

プロミスには個人向けのカードローン以外にも、複数のローン商品があり、その一つが「自営者カードローン」です。

 

自営者カードローンは、個人自営者に向けてのカードローンで、これから事業を立ち上げる方などの強い味方になってくれます。ただ、条件として収入証明書の提出が求められるので、注意が必要です。

 

そんな自営者カードローンの特徴を踏まえて、収入証明書の提出について解説していきます。

 

自営者カードローンは融資限度額300万円で即日融資可能

プロミスの自営者カードローンは、事業資金に困っている方のために、スピード審査も可能で、融資限度額は300万円と心強いサービスが魅力になっています。

 

また、個人向けカードローンは総量規制の対象であるため前年度年収の1/3しか借りることができないのに対して、自営者カードローンは総量規制の対象外であるため、借入に対して希望する額を融資してもらえる可能性があるのが特徴です。

 

しかし、いくらでも借入できる訳ではなく、事業内容や収入を明確にした上で、返済能力の観点から融資額を審査の段階で判定されます。

 

確定申告書の提出が必須

個人事業を行っている方は、会社員と比べると安定した収入を得られることが難しいため、返済能力の有無を確認するために、審査の段階で必ず収入証明書の提出が必要になっています。

 

自営者であれば年に1度、個人で確定申告を行っているため、その時の申請書類が収入証明書として提出することが可能です。借入を考えている方は、申請した後に確定申告コピーがもらえるので、手元に置いてプロミスの審査の際に提出するようにしましょう。

 

また、自営者の収入によって審査が左右されるので、収入が少ない場合には、希望額よりも減額されたり、融資を受けることができない可能性があります。

事業実態を疎明する書類の提出

プロミスの自営者カードローンでは、自営者が実際に事業を行っている証明として、事業実態を疎明する書類の提出が審査の段階で必要になります。

 

個人事業としての活動内容を証明するためにも必要な書類になるので、申込を行う前に事前に準備しておきましょう。

 

事業実態を疎明する書類としては、発注書や納品書、請求書が活用することが可能です。また、書類の発行日が直近1年以内のものであることが前提なので、最近に利用した書類を提出する必要があります。

 

プロミスに収入証明書を提出する方法

一定の融資を受ける際や長期的な利用の際に提出が求められる収入証明書ですが、どのような方法でプロミスに提出することができるのでしょうか。いくつか提出方法があるので、詳しく解説していきます。

 

公式サイトからのアップロード

プロミスの公式サイトでは、必要書類を携帯のカメラで撮影して、アップロードする方法があります。アップロードが完了した画像ファイルを送信すれば、収入証明書の提出が完了するので、誰でも簡単に収入証明書の提出が出来る方法の一つです。

 

写真の撮影の際には、写真がぼけていたり、暗くて見えないということを防ぐために、一度撮った写真を確認してから送信するようにしましょう。

 

アプリローンで提出

プロミスでは、携帯でダウンロードすることで簡単に使用できる「アプリローン」があります。アプリローンを活用すれば、いつでもどこでも必要書類を提出することが可能です。

 

提出方法としては、まずアプリローンをダウンロード後、携帯で必要書類を撮影し、画像ファイルをアプリを使って提出します。審査状況も確認することができるので、気軽に試せる収入証明書の提出方法です。

 

郵送

プロミスに必要書類を提出する方法として、郵送を行うことでも対応ができます。まず公式サイトにアクセスして、郵送用書類を取り寄せし、その中に必要書類を同封して送るだけです。

 

しかし、郵送では送り先に届くまで時間がかかるので、急ぎで融資を受けたい時や確認を急いで欲しい時にはおすすめできないやり方といえます。

 

自動契約機や店頭

全国に配置されているプロミスの自動契約機や店頭でも、必要書類の提出を行うことができます。自動契約機では、実際に足を運んで必要書類をスキャンさせることで提出が認められるので、簡単に手続きを行うことが可能です。

 

店頭で必要書類を渡す方法では、その場で受理してもらえるので、すぐに審査をしてもらうことができます。

 

プロミス「アプリローン」の特徴

プロミスから配信されている「アプリローン」は、気軽に申込や融資を行う方法として利用できるので、使い勝手がいいので特徴です。収入証明書の提出も行うことができるので、利用することでどんなメリットがあるのか解説していきます。

 

WEB完結で申込から融資が可能

アプリローンを利用することで、店頭に足を運ぶ必要や面倒な書類提出も必要ないので、いつでもどこでも契約を行うことが可能です。

 

直接足を運んでの契約や郵送の場合は、必要な書類や条件があるので、手間がかかります。しかし、アプリローンを活用することで、面倒な手続きも簡単に実行することができるのが魅力的です。

 

カードレスで融資と返済が可能

プロミスのアプリローンを利用すれば、融資や返済もカードレスで実行することができます。

 

カードを持ってくるのを忘れてしまった時でも、携帯一つあれば、必要な金額を融資してもらうこともできるので、もうカードを持ち運ぶ必要もありません。

 

三井住友VISAプリペイドカードへのチャージ

プロミスが提供している振込キャッシングを活用すれば、三井住友VISAプリペイドカードへすぐにチャージすることができます。

 

アプリから三井住友VISAプリペイドカードの現在の残高も確認することもできるので、どれくらい使ったのか忘れても安心です。

 

専用のクーポンが受け取れる

アプリローンを利用していれば、専用のクーポン「アプリdeクーポン!」を取得して使うことができたり、会員向けの優待サービスなどを受けることができます。

 

アプリローンをダウンロードしていないと、受け取ることができないクーポンなので、特別なサービスを受けたいという方は、携帯からダウンロードしてみましょう。

 

プロミスからの収入証明書提出指示を無視した場合

融資額や利用期間によっては、収入証明書の提出が求められますが、プロミスからの提出指示があったにも関わらず、指示を無視した場合、どのようなペナルティを受けることになるのでしょうか。

 

収入証明書の提出を無視してしまったケースについて解説していくので、参考にしてみてください。

 

初めての場合は融資額が減額

初めてプロミスを利用する時の審査に、収入証明書の提出が求められたにも関わらず、提出を無視した場合は、希望していた融資額よりも大幅に減額される可能性があります。

 

審査の状況によっては審査落ちになる可能性があり、融資を受けることができないこともあるので、初めての審査時は事前に準備しておく必要があるでしょう。

 

利用中は一時利用停止の可能性

プロミスからの借入を行っている時に、収入証明書の提出が求められたにも関わらず、提出を無視した場合、キャッシングの機能が一時利用停止になる可能性があります。

 

利用停止になった場合は、収入証明書を提出し、確認が終われば再度利用することが可能です。

 

その場合、すぐに確認をしてもらう必要があるため、郵送などの時間を有する提出方法よりも、公式サイトからアップロードして提出する方法か、アプリローンを利用しての提出方法が望ましいでしょう。

 

一括返済は求められない

プロミスからの収入証明書提出指示を無視し続けたからといって、一括返済を求められることはほとんどありません。収入証明書を提出するまでは、利用停止になる可能性はありますが、一括返済は延滞を繰り返したり、悪質な利用を行わない限りは、ペナルティとして実施されることはないでしょう。

 

勤務先への連絡はない

プロミスからの収入証明書提出指示を無視していたからといって、勤務先へいきなり連絡することはないので安心してください。消費者金融には守秘義務があるため、無視したとしても連絡がくるのは本人の携帯です。

 

しかし、何も連絡なしに返済滞納を続けていると、強制解約の対象になることもあるので、対応には注意しましょう。

 

プロミスでは収入証明書不要でも借入できるがローン商品にもよる

原則として、1社からの借入が50万円以内、複数借入で100万円以内の利用であれば、収入証明書不要でも借入することができます。

 

しかし、長期利用している場合には、収入証明書の提出が求められることがあるので、今まで通りに利用を続けたいのであれば、速やかに収入証明書の提出を行いましょう。

 

また、プロミスでは個人向けカードローンだけでなく、自営者カードローンもあるので、ローン商品によっては収入証明書の提出が必須になっていることも忘れずに覚えておいてください。

 

正しく利用するためには、いつ連絡がきてもいいように、収入証明書の準備は怠らずに行っておきましょう。