収入証明書不要なマイカーローンは存在する?信販系オートローンがおすすめ

自分の車を保有するために行うマイカーローンは、手元にお金がなくても、借入することで車を購入することができるローン商品です。

 

そんなマイカーローンは、収入証明書の提示が必須なのでしょうか。収入証明書不要でもマイカーローンを組むことができるのか、詳しく解説していきます。

 

原則としてマイカーローン審査に必要なもの

車のほとんどは、高額で販売されていることから、マイカーローンの審査には書類を複数用意する必要があります。原則として、どんな書類を提示しないといけないのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

本人確認書類

まずローンを組むのが本人かどうか、確認するための書類が必要になります。車を購入するということは、運転免許証を持っているということなので、運転免許証の提示が基本的に必要になるでしょう。

 

他にもパスポートでも本人確認を行うことができます。最近ではマイナンバーカードが導入されているので、マイナンバーカードでも十分本人確認書類として適用されるでしょう。

 

マイカーローンの審査では、本人以外ではローンを組むことができないので、代理でローン商品を組むことはできません。必ず、本人が自分の本人確認書類を提示する必要があります。

 

収入証明書

マイカーローンを組む上で重要なのが、返済能力があるかということです。そのため、ローンを組む上で返済能力があるか確認するために、収入証明書の提示が原則として求められます。

 

  • 会社員の方であれば、源泉徴収を提出すれば問題なくマイカーローンの審査に通すことが可能です。
  • 個人事業主の方であれば、住民税決定書通知書などの税金関係の書類や確定申告書を提示すれば、審査の対象となります。

 

マイカーローンで申し込みを行う金額にもよりますが、明らかに収入よりもローン金額が高額の場合は、審査に落とされることもあるでしょう。

 

車の購入証明書

車を購入する際に、ディーラーと提携している信販系ローンであれば、車の購入証明書は基本的に不要ですが、銀行系ローンの場合は、実際に購入する車の証明書が必要になります。

 

購入証明書として適用される書類は、見積書や注文書で問題ないので、購入を検討しているディーラーで発行してもらい、銀行系ローン会社に提示するといいでしょう。

 

住民票

車を購入する上で、購入者本人の現住所を確認するために住民票の提示が求められます。住民票を発行してもらうのであれば、市役所などの役場で本人確認書を提出すれば発行してもらうことが可能です。

 

他にもマイナンバーカードがあれば、コンビニでも住民票を発行してもらえます。コンビニであれば、遅い時間にも対応しているので、仕事終わりに発行してもらうことも可能です。

 

マイカーローンの種類

車のローンを組むために利用するマイカーローンは、大きく分けて2種類あります。それぞれ、申し込みの内容や基準が違っているので、どちらに申し込むかは特徴を理解して判断しましょう。

 

銀行系ローン

最も信頼できるマイカーローンが、銀行系ローンです。審査は基本的に厳しいですが、低金利で提供されている銀行系ローンが多いので、金利が低いマイカーローンを選択したいという方におすすめになります。

 

新車を購入する際のマイカーローンであれば、収入証明書の提示が必須になり、購入金額に比べて、収入が少ないと判断された場合には、審査が通らない可能性があるでしょう。

 

しかし、中古車の購入など、利用額が少ない場合は収入証明書の提示が求められないこともあります。原則として銀行系ローンは、収入証明書の提示が求められるので、事前に収入証明書を用意しておく方がいいでしょう。

 

信販系のーン

銀行系ローンの審査が厳しい場合、比較的審査に通りやすいのが、ディーラーと提携している信販系ローンです。金利は銀行系ローンの方が低いですが、新車を購入する場合には信販系ローンも金利は低く設定されることがあります。

 

しかし、中古車を購入する際は、金利が高くなることがあるので、購入する際には一度金利を確認しておきましょう。

 

また、信販系ローンの魅力は、申し込みの手軽さにあります。基本的に信販系ローンは、ディーラーで申し込みを行うことが可能なため、契約するために来店する必要がありません。

 

本人確認は行われますが、ローンの申し込み金額が少ないのであれば、収入証明書不要で契約することもあります。

 

事前に仮審査を行うことが可能

自分がいくら借りることができるのか、事前に仮審査を受けることができます。仮審査は銀行系ローンも信販系ローンも行うことができるので、ローンを組む前に確認のために試してみるといいでしょう。

 

仮審査は、申込書やウェブサイトからどのくらい融資をしてもらえるか、無料で調べることが可能なので、一つの参考にすることができます。

 

ただ、仮審査はあくまで簡易的な審査になるので、実際に審査が通ることを保証するものではありません。

 

仮審査で通っても本審査で融資を受けることができないこともあるので、仮審査の結果を鵜呑みにしないことが大切です。

 

収入証明書不要なマイカーローン

収入証明書の取得をしなくてもマイカーローンの審査は通ることがあります。一定の条件がありますが、収入証明書不要でもマイカーローンが通るケースを解説していきましょう。

 

中古車の購入

金額が新車と比べて少額になる中古車では、金額が安い時に限り、収入証明書の提示が求められないことがあります。

 

銀行系ローン、信販系ローンのどちらでも少額の中古車であれば、収入証明書不要である可能性がありますが、銀行系ローンの場合は、金額に関わらず収入証明書の提示が求められることがあるので注意が必要です。

 

信販系ローンは収入証明書不要で審査が通りやすい

信販系ローンはディーラーと提供しているローンであることから、ディーラーが問題ないと判断した場合には、収入証明書不要でローンを組める可能性があるため、比較的審査に通りやすいのが特徴です。

 

しかし、年齢や購入金額によっては、収入証明書不要でも連帯保証人を求められることもあるので、求められた場合には素直に対応するようにしましょう。

収入証明書不要でも審査に落ちるケース

基本的に収入証明書不要と言われた場合には、審査が厳しくない傾向にあるため、ローンを組めることがほとんどです。

 

しかし、中には状況によって融資を受けられない方もいます。どんな時に審査に落ちる可能性があるのか、詳しく解説していきましょう。

 

他社から借入しているローンがある

審査を受ける予定のマイカーローン以外に、すでに他社からキャッシングやローンを組んでいる方は、返済負担が多いと判断されて新たにローンを受けることを拒まれてしまう可能性があります。

 

その場合、借入している分を返済してからでないと、ローンを組むことができないので、現在の借入状況をよく確認してから、マイカーローンの申し込みを行う必要があるでしょう。

 

過去に借入の遅延や滞納が発生している

現在、借入を行っていなくても、過去に借入を行っていれば、その時の情報が信用情報機関に残されているので、遅延や滞納が発生していれば、マイカーローンの審査も通らない可能性があります。

 

遅延や滞納を引き起こしてしまった場合は、状況が解消されてから1年間ほど情報が残されているので、その間にローンを申請しても、審査が通ることはないでしょう。

 

新たにローンを組みたいのであれば、一度も遅延や滞納をしないことが重要です。

 

短期間に何度も申し込みを行っている

マイカーローンを通したいあまりに、短期間に何度も申し込みを行っていると、審査が通りにくくなってしまう恐れがあります。申し込みの内容は、信用情報機関によって共有されているため、半年に3件以上の申し込みを行っていると、マイカーローンの審査の際に怪しまるでしょう。

 

一度審査に落ちてしまうのは、何かしらの原因があるので、新たに申し込みを行うのであれば、審査落ちになってしまった原因を追究してから、時間が経ってから再度申し込みを行うことが重要です。

 

収入証明書不要なマイカーローンは中古車であれば適用される可能性がある

原則としてマイカーローンを申し込み際には、返済能力の有無を確認するために、収入証明書の提示が求められます。しかし、中古車を購入する際は、少額であることも多いので、状況によっては収入証明書不要でマイカーローンの審査が通る可能性があるのです。

 

その場合、銀行系ローンは審査が厳しいので、ディーラーと提携している信販系ローンに仮審査を通してみて、問題なければ本審査を行ってみるといいでしょう。