レイクALSAの借入は収入証明書不要?提出が必要なケースを解説

「レイクALSA」とは、新生銀行から取り扱いがあった「レイク」が新規申込を停止したことから、後継的な借入サービスを行うために「新生フィナンシャル株式会社」が取り扱っているサービスです。

 

2018年4月から新しくサービスが始まったレイクALSAですが、借入の際に収入証明書不要でも、キャッシングを利用することができるのでしょうか。収入証明書の提出が必要なケースについて解説していくので、利用を検討している方は参考にしてみてください。

 

レイクALSAから収入証明書の提出が求められるケース

貸金業法の総量規制によって、ある一定の条件の時には、収入証明書を提出することが義務付けられています。一定の条件とはレイクALSAでは、どのように決められているのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

1社からの借入が50万円を超える場合

貸金業法の総量規制によって、1社からの借入が50万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要とされています。

 

反対に50万円以内の借入であれば、契約時に収入証明書の提出が求められない可能性もあるので、どれくらいの融資が必要なのかが収入証明書を提出するかどうかの境目になるのでしょう。

 

複数借入の場合は、1社で30万円、もう1社で30万円の合計60万円の時には、50万円を超えても収入証明書の提出は求められません。

 

複数借入で100万円を超える場合

貸金業法の総量規制によって複数借入の場合は、100万円を超える時に収入証明書の提出が求められます。また、総量規制により、キャッシングが行える金額は前年度年収の1/3までと決められているため、100万円以上の借入を行うには年収が300万円以上であることが条件です。

 

複数の消費者金融から借入を行っていると、現在の総借入数がハッキリとわからない可能性があるので、融資の増加を求める前に一度総借入数を確認しておく方がいいでしょう。

 

3年以上の長期借入を行っている場合

貸金業法の総量規制の決まりでは、1社からの借入が50万円を超える時、複数借入で100万円を超える時に収入証明書の提出が必要になります。

 

しかし、レイクALSAの方針で返済能力の有無を確認するため、3年以上の長期借入を行っている場合に、収入証明書の提出が求められるので、事前に準備しておくことが重要です。

 

他にも収入の確認のために、レイクALSAから収入証明書の提出が求められる可能性もあります。提出を断ると、一括返済になることはありませんが、利用制限がかかることがあるので気を付けましょう。

 

レイクALSAの特徴

2018年4月から新たにサービスが始まったレイクALSAとは、どんな特徴を持っている消費者金融なのでしょうか。具体的な特徴について解説していくので、参考にしてみてください。

 

2つの無利息

消費者金融からキャッシングを行うと、借入した期間によって利息が発生します。返済の時間が長いほど総合的な利息は高くなりますが、レイクALSAは初めての方が借入する分には、30日間無利息でキャッシングを利用できるサービスなのが特徴です。

 

また、5万円以内の借入であれば、180日間無利息でサービスを受けることができるので、初めてレイクALSAを利用する方は、この2つの無利息サービスを利用してみることをおすすめします。

 

無利息期間経過後や5万円を超える借入した後は、通常の金利が適用されるので、借入する期間や金額は計画的に進めていきましょう。

 

WEBだけで申込から融資

借入を行いたいけど、店舗まで足を運ぶ時間がないという方にはWEB完結の方法がおすすめです。公式サイトから申し込むだけで、契約や融資を受けることが可能なので、忙しい方でも安心して借入を行うことができます。

 

必要な書類も公式サイトからメールで送信したり、レイクALSAからの契約書類についてもダウンロードして確認することができるので、ペーパーレスで申込から融資まで受けることが可能です。

 

公式アプリ「e-アルサ」でカードレス融資

急ぎでキャッシングを行いたいけど、カードが手元にない時など、お金を気軽に返済したい時に活用しやすいのがレイクALSA公式アプリの「e-アルサ」です。

 

「e-アルサ」を使えば、全国のセブン銀行ATMで追加融資や返済を行うことができます。いつでも自分のタイミングでお金のやり取りを行うことができるので、カードを持ち運ぶよりも使い勝手がいい方法といえるでしょう。

 

レイクALSAに収入証明書を提出する方法

レイクALSAから収入証明書の提出が求められた際に、どのような方法で提出することができるのでしょうか。いくつか提出する方法があるので、自分が一番提出しやすい方法を見つけて実践してみましょう。

 

公式アプリ「e-アリサ」

パソコンや携帯から公式アプリ「e-アルサ」をダウンロードすれば、気軽にレイクALSAに収入証明書を提出することができます。方法は簡単で、携帯で必要書類を撮影後、アプリから画像を送信することで収入証明書の提出が可能です。

 

必要書類が手元にあり、携帯があれば、自宅でもどこでも簡単に提出することが可能な方法なので、少しでも時間を有効的に活用したい方にはおすすめな方法といえます。

 

公式サイトからメール送信

レイクALSAの公式サイトから必要書類を提出することも可能で、携帯で撮影後、書類をアップロードすることで送信することが可能です。

 

携帯で必要な書類を撮影しておけば、すぐに送信することが可能なので、時短にもなります。審査の進捗状況を確認するためには、公式サイトの「審査状況のご確認」から進めば審査の状況がすぐにチェックすることが可能です。

 

自動契約機

全国に置いてあるレイクALSAの自動契約機からも収入証明書の提出を行うことが可能です。初めての契約の際には、カードを発行することも可能で、40分から60分ほどで審査が完了します。

 

申込から融資までの時間が早く済むので、進捗状態を含めて、すぐに融資をしてほしいという方は、一度試してみてください。

 

しかし、契約するまでの時間、自動契約機の前で拘束されることになるので、時間に余裕がある時にしか対応できないのが欠点といえるでしょう。

 

公式アプリ「e-アリサ」の使用方法

レイクの公式アプリで、いつでも好きなタイミングで融資や返済を行うことができる「e-アルサ」。使い勝手がいいので、レイクALSAの利用を考えているのであれば、携帯からダウンロードしておくといいでしょう。

 

そんな「e-アルサ」とは、どのように使用すればいいのでしょうか。簡単に使用方法を解説していくので、使う際の参考にしてみてください。

 

パソコンやスマホからダウンロード

 

まず「e-アルサ」を使用するためには、パソコンやスマホからダウンロードする必要があります。AppStoreやGoogleplayからダウンロードすることが可能なので、アクセスして携帯に入れておくようにしましょう。

 

ダウンロードすれば、いつでも利用することができるので、レイクALSAで契約している方は、携帯に入れておくと便利です。

 

「お借入れ」をタップしてバーコードリーダーを起動

 

ダウンロードが完了すれば、アプリの画面を開いて「お借入れ」をタップすれば、画面の指示に従って融資を受けることができます。バーコードリーダーが起動するので、セブン銀行のATMにQRコードを読み取らせれば、スマートフォンで気軽に融資の取引が可能です。

 

QRコードを読み取らせることに成功した後は、企業番号が出てくるので、そのままセブン銀行ATMに入力を行い、確認ボタンを押します。その後は、画面の指示に従って取引を進めていけば問題ありません。

 

提出書類をタップして必要書類を提出

 

必要書類がある場合は、カメラで撮影した写真を添付して、アプリから送付することが可能です。アプリ画面の提出書類をクリックし、「アプリによるご提出」を選択します。

 

最後に「書類提出」をクリックすれば、必要書類の提出が完了することが可能です。必要書類が揃っていれば、いつでもどこでも提出が可能なので、気軽に利用できるサービスとして使い勝手がいいのが魅力になります。

 

レイクALSAは収入証明書不要でも一定条件であれば借入可能

2018年4月からサービスが開始したレイクALSAは、一定条件であれば収入証明書不要でも借入することが可能です。

 

しかし、収入や長期的な借入を行っている状態次第では、急な提出が求められることもあるので、事前に準備は怠らないようにしておきましょう。

 

また、提出が求められた場合に、すぐに対応しないと利用制限がかかってしまうことがあるので、速やかに対応するように意識しておくことが必要です。

 

公式アプリの「e-アルサ」であれば、融資も返済も簡単に行うことができ、書類の提出も気軽にできるので、ダウンロードしておくと便利でしょう。