カードローンの契約で必要な書類

カードローンでお金を借りる前には契約が必要です。利用者と金融機関が契約することで、カードローンの利用が可能になります。契約とは具体的にどういったことを行うのでしょうか?

 

カードローンの契約では、本人特定事項などを確認する書類、つまり身分を証明する書類として運転免許証や健康保険証などの提出を必ず行います。

 

カードローン申込書が契約書と兼ねられている場合もありますし、別に契約書類を提出しなければいけないこともあります。これはカードローンの申し込み要綱をしっかり確認しておきましょう。

 

身分証明書で金融機関が何を確認するかというと、申し込み者が本人であるということです。同様に申し込み金額によっては、収入証明書など収入を明らかにするものが必要です。

 

収入証明書で金融機関が確認すること

収入証明書で金融機関が何を確認するかというと、収入と借入額のバランスです。申し込み金額があまりに大きければ返済不可能になってしまうでしょう。

 

返済能力を推し量るためにも、いくらぐらいの収入があるのか?ということを金融機関は把握しておかないといけないわけです。

 

収入証明書の提出は、準備も面倒だと感じることもあるかもしれませんし、急いでいる場合には省けるものなら省きたいと考える方も多いでしょう。

 

しかし、提出することによって、より大きな限度額の設定が可能になったり、お得になったりするケースもあるのです。

 

必ず提出しなければいけないというわけではないですが、もしも提出するならばすばやく対応できるような準備はしておいたほうがよいかもしれません。

 

例えば、書類を役所などに取りに行く場合はいつに行くのか計画は立てておく、保管してあるものを利用するなら、その期限の確認と保管場所など、すぐに提出できるような準備はどういった借り入れでもやっておくとよいでしょう。