収入証明書と限度額の関係

カードローンの限度額設定に頭を痛める方も多いですね。必要な金額をそのまま限度額にする方も多いかもしれません。

 

しかし、限度額と金利には密接な関係があるのです。

 

限度額が大きくなっているカードローンが増えており、限度額に応じた金利が設定されていることがほとんどです。限度額が大きくなるほど、金利が低くなります。

 

300万円の限度額を設定していたとして、実際には20万円しか借りなかったとしても、金利は300万円借りた場合と同じ、低い金利で利用できるカードローンが多いのです。

 

ということは、「できるだけ大きな限度額設定にしてしまうほうがよい!」と考える方も多いかもしれません。

 

しかし、限度額を大きくすると収入証明書を提出しなければならないことになります。

 

限度額によって収入証明書を提出することになりますが、消費者金融では50万円を超える場合、銀行では各カードローン商品によって違っています。

 

申し込みの負担を少なくしたいのなら、提出書類を少なくすることも一つの方法ですから、いくらでも限度額を大きくしてしまえばよいというものでもないでしょう。

 

また、大きな限度額があるということは、その金額いっぱいまで借りてしまうという心配もやはりつきまといます。

 

実際には返済できないほどの金額を借りてしまう、借り過ぎという状態を作り出すと返済に困ってしまうことになります。

 

限度額の設定には、審査のこと、その後の使い勝手のこと、自分がついつい借りすぎてしまうかもしれないということ、など先のことも見越しておく必要があるでしょう。