所得・課税・収入どの証明書でもよい?

お金を借りる時には収入を明確にすることが金融機関に求められますね?

 

いくら収入があるのかハッキリとは分からない人物に適当にお金を貸す、といったことは当然できないわけです。

 

カードローンの必要書類として、本人確認書類や収入証明書が記載されていることが多いです。

 

多くのカードローンでは、この2つの書類あるいは、本人確認書類のみで利用できるようになっているのです。

 

さて、収入証明書と記載されていても、細かく言えば色々と違うものです。

 

課税証明書と書かれている場合もあるでしょう。

 

課税証明書

課税証明書は各年1月1日から12月31日までの、1年間の所得に対する住民税額を証明する書類です。

 

もちろん所得によっては非課税、という結果が出ることもありそれを証明することになる場合もあります。

 

課税額と同時に所得金額は記載されています。その為、課税証明書も所得証明書と呼ばれていることもあるのですが、実際には所得証明書には住民税の税額が記載されていません。

 

所得証明書に記載されているのは、本人が申告したあるいは年末調整した内容ということになるのです。

 

繰り返しますが、住民税については記載されていないのです。

 

カードローンによって、収入を証明する書類だと認められる書類が違います。要は年収が明確に分かる書類であればよいのですが、公的な機関が発行したものでなければいけません。

 

自分がどの証明書なら準備できるのか?また明確に収入を証明することができるのか?

 

さらに、カードローンが収入証明書と認めている書類に自分が提出できる書類が認められているのか?

 

これを申込み前に確認しておくことは無駄にはならないはずです。

 

申し込み金額によっては収入を証明する書類を提出しなくてもよいことがありますが、金額が低くても金融機関に提出を求められれば、対応しないと借りられないということになってしまいます。