アルバイトでは収入証明書はどうなる?

アルバイトでの勤務なら、お給料に関する処理が曖昧なことも中にはあるようです。

 

給与明細さえ曖昧になっていることもあるようですから、カードローンなどを申し込む場合には「どうしたらよいのか?」と困ってしまうこともあるようです。

 

ハッキリと役所に申告していない会社もあるほどなので、アルバイト先からは明細などをおおまかにもらえていたとしても、いざ自分が収入証明書を取得に行ったら「発行できない」と言われてしまうケースもあるようです。

 

カードローンを発行する会社としては、勤務形態がアルバイトであっても定期的な収入があり、返済能力があると判断できれば貸し付けできるわけですが、その際に収入を証明する書類を必要とすることもあります。

 

そこで、書類が提出できないとなると、審査はできない可能性が高くなってしまいます。

 

いざ借り入れをしようという段階になってから、収入に関する書類が準備できないと分かるよりも、普段から明細などは意識しておいたほうがよいでしょう。

 

例えば、身内の会社などを手伝っている場合などは、どうしてもお給料に関する部分が曖昧になってしまいやすいのです。

 

しかし、カードローンに関わらず色々な場面で収入や所得、課税額を証明することが必要になる場合も多いですから、時には「自分はどうなっているのだろう?」と考えてみましょう。

 

曖昧にしたり先送りにしたりしてしまいやすいのですが、いざという時になってから焦ることがないように、時には意識を持つことが大切になります。