アコムからの収入証明書の提出指示を無視すると?利用制限の恐れあり

大手消費者金融であるアコムでは、キャッシングの申請を行う時やある一定の金額以上に借入れを行う際に、収入証明書の提出を求めることがあります。
しかし、手元に収入証明書がないということもあり、すぐに準備ができないという方も多いでしょう。そんな時に、アコムからの収入証明書の提出指示を無視すると、どうなるのでしょうか。

 

アコムからの収入証明書の提出指示が求められるケースや無視した場合のアコムの対応など、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

 

アコムから収入証明書の提出が求められるケース

アコムのような消費者金融は、貸金業法の総量規制によって、収入証明書の提出を求める条件というのが決められています。

 

そのため、ある一定の条件の時には、収入証明書の提出が求められるので、いきなり提出を求められて対応に困らないように事前に把握しておきましょう。

 

借入が50万円を超える場合

貸金業法の総量規制によって1社の借入が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が求められます。

 

そのため、知らずに増額審査を行い、いきなり収入証明書の提出を求められて驚いたという方も多いのです。50万円以上の借入を行う時には、収入証明書の提出が必要ということを理解して、どれくらい融資をしてもらうのか、自分で管理しておくようにしましょう。

 

1社の借入が50万円を超える場合に、収入証明書の提出が必要ですが、複数借入で50万円を超える場合には、収入証明書の提出が求められることはありません。

 

例えば2社から借入を行っていて、1社の借入が30万円、もう1社の借入が30万円の合計60万円の場合は、1社からの借入が50万円を超えていないため、収入証明書の提出が求められることはないのです。

 

また複数借入を行っている場合は、100万円を超える借入の場合に収入証明書の提出が必要になります。

 

総量規制を超える場合

消費者金融で借入を行うことが出来る金額は、総量規制によって前年度年収に1/3までと決められています。

 

そのため、前回提出した収入証明書の年収1/3よりも借入金額が超える場合には、返済能力の有無を確認するために、新たに収入証明書の提出を求められるでしょう。

 

この時に、新たに提出した収入証明書の年収1/3よりも借入金額が超えていれば、新たに融資を受けることはできません。また、その際に現在の借入金額が年収1/3を超えていれば、融資額を減額される可能性もあります。

 

アコムの利用期間が3年を超える場合

アコムは借入している金額に関係なく、利用期間が3年を超える時に収入証明書の提出が求められます。長期的な借入を行っている場合に、現状で返済能力よりも借入額が超えていないか確認するために、収入証明書が必要になるためです。

 

現状の収入証明書を提出し、確認された後、年収1/3を超えて借入が行われていた場合には、年収1/3まで減額される可能性もあるので注意しましょう

 

アコムから収入証明書の提出を求められ無視した場合

アコムから、返済能力の有無を確認するためにも行われる収入証明書の提出を無視した場合、どのような処罰の対象になるのでしょうか。

 

アコムの利用状況や申請のタイミングによっても無視した場合の対処が異なるので、状況によってどのような対応が取られるのか、詳しい内容を解説していきます。

 

初めての借入申請では融資限度額が減額

アコムにキャッシングを依頼する際に、初めての申請であれば、50万円以上の借入申請や他社から借入がある場合に収入証明書の提出が求められます。
総量規制により、1社からの借入が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要とされているため、初めての借入の時に50万円以上の借入の申請を行っても、収入証明書を提出しなければ、融資額は減額されるでしょう。

 

融資される額は状況によっても変わりますが、大幅に減額されることが予想されるので10万円ほどの額になる可能性もあります。

 

他社で借入していて、アコムで初めて借入申請を行う際には、収入証明書の提出が必須であるため、提出しなければ融資の審査を受けることができません。審査が行えなければ、融資を受けることができないので注意しましょう。

 

利用中の場合は利用制限がかかる

アコムでキャッシングを利用している方は、収入証明書の提出を求められているにも関わらず、無視を続けていると、利用制限がかかる可能性があります。

 

特にアコムは、3年を超える長期的な借入を行っている場合は、収入証明書の提出が求められるので、提出しなければ利用制限の対象となるでしょう。

 

以前に収入証明書を提出していて、アコムで50万円以上の借入を行っていた方で、再度収入証明書の提出を求められた時に提出しなければ、融資額を収入証明書の必要ない50万円以下まで利用を制限される恐れがあります。

 

収入証明書を提出しなかったことで、一括返済を求められることはありませんが、融資額を減額されたり、今まで通りの借入が行えなくなるので、アコムから収入証明書の提出が求められている場合は、素直に提出するようにしましょう。

 

無視し続けると一時的に利用停止になる

返済能力の有無を確認するために行われる、収入証明書の提出を無視し続けると、一時的に利用停止になる可能性があります。

 

利用停止は一時的なものなので、収入証明書を提出することで、再度利用することが可能です。提出せずに放置していると、そのまま利用することができなくなるので、早めに収入証明書を用意して、アコムに提出することをおすすめします。

 

アコムに収入証明書を提出する方法

50万円以上の融資や3年以上の長期的な融資の際に、提出が必要な収入証明書ですが、どのように提出を行えばいいのでしょうか。アコムに収入証明書を提出する方法を解説していくので、参考にしてみてください。

 

店頭窓口で提出

アコムに収入証明書を提出する方法で、一番早く審査してもらえるのが、店頭窓口で受付をする方法です。

 

窓口で対応してもらえれば、即座に対応してもらえるため、資料に不備があった場合も、すぐに指摘してもらうことができます。不備があった場合は、新しい書類を用意する必要があるので、指摘された箇所を修正し、提出するようにしましょう。

 

ネットでアップロードして提出

窓口に足を運ぶことができない方は、アコムの公式サイトから書類をアップロードして提出する方法があります。公式サイトの「アップロードからご提出」をクリックして、画面の指示に従ってアップロードすれば、収入証明書の提出は完了です。

 

書類のデータを読み込むことができずにアップロードすることができない方は、アコム専用のアプリを利用して、携帯のカメラ機能で書類を撮影し、提出する方法があります。

 

アコムのアプリをダウンロードし、「書類提出」機能から送信すれば、収入証明書の提出は完了です。

 

郵送やFAXで提出

収入証明書を提出する方法として、アコムの専用封筒に入れて郵送を行う手段もあります。しかし、アコムの専用封筒は店舗に置いてあるので、一度店舗に行くのであれば、直接店舗で収入証明書を提出した方が早いでしょう。

 

また、FAXで送信する方法もあります。FAXで収入証明書の提出を行うのであれば、収入証明書の余白に会員番号8桁を記載する必要があるので、忘れずに記載することが重要です。

 

アコムでの利用継続が難しい時の対処法

借入の金額が多すぎて、収入証明書の提出を行っても、さらに融資を受けることができなければ、返済負担はかなり大きなものになってくるでしょう。

 

そんなアコムでの利用継続が難しいと感じた場合の対処法を解説していくので、参考にしてみてください。

 

おまとめローン

借入の金額が高くなり、総量規制に達してしまった場合は、おまとめローンで返済を一本化する方法も考えられます。

 

おまとめローンを活用することで、月々の返済金額が少なくなるので、返済負担を減らすことが可能です。キャッシングの使い過ぎで、利用継続が厳しくなった時には、返済をおまとめするのも一つの手でしょう。

 

債務整理

借入が多くなってしまい、上手く返済にお金を回すことができなくなった場合は、弁護士に相談して債務整理を行う方法もおすすめです。

 

多額の借入を行ってしまい、生活が苦しくなった方の救済措置として活用できる方法で、弁護士に依頼することで、借入の減額や支払いに猶予を持たせることができます。

 

返済が全て完了した場合には、過払い金請求なども相談することが可能なので、お金の管理で困った時には債務整理を行ってみるといいでしょう。

 

アコムから収入証明書の提出を求められた際は速やかに対応すること

収入証明書の提出は、総量規制によってある一定の条件の場合に提出することが求められているので、指示された場合には速やかに対応することが一番の解決方法です。

 

また、アコムの場合は、3年以上の借入を行っている時にも収入証明書の提出が求められるので、事前に準備を行っておきましょう。

 

収入証明書の提出を無視していると、利用制限や一時停止のペナルティが発生するので、早めに対処して問題が発生しないように気を付けましょう。